冷温水式高性能エアハン

平成26年度省エネ大賞受賞。
SPV2型・DEC2型

冷温水式高性能エアハン 空冷直膨式高性能エアハン

平成26年度省エネ大賞受賞モデル
低負荷に対応する “頭脳をもった新世代冷温水式エアハン”

平成26年度省エネ大賞受賞製品。
「中温熱媒」「大温度差」「2WAY回路コイル」「ハイブリッド加湿」で、変動する負荷に対応、低負荷時も安定した制御性を発揮します。
各種機器や空調制御盤を標準搭載し施工が容易なオールインワンモデル。
BACnet接続で一次側熱源の送水温度も適切にコントロール出来ます。

用途
オフィス、病院、ホテル、学校

冷温水式高性能エアハンの特長

01
低負荷対応「2ウェイ回路コイル」で水回路をバランスよく均等に分けることで低負荷時、極少流量まで制御が可能
02
気化式と蒸気式のハイブリッド加湿により
ローコストで安定加湿
03
省エネ運転(中温冷水10℃、大温度差⊿t=10K、吹出し温度16℃)とピーク運転(冷水7℃、大温度差⊿t=10K、吹出し温度13℃)を負荷に合わせて切換え可能
04
省エネ制御盤を標準搭載し、
負荷状態を監視しながら自動省エネ運転
05
縦型省スペース設計の床置形(SPV2型、DEC2型)と床面ゼロスペースの天埋形(SPC2型)

製品詳細

  • 低負荷時の大温度差を確保
  • 極少水量までコントロール
1. 低負荷対応2ウェイ回路コイル
熱交換器(コイル)内の水回路をバランスよく均等に分け2WAYとすることで、バルブの制御限界に起因する水温度差不足を解消しました。小型バルブを2個備え、負荷減少時は片側回路で極少流量まで制御します。
  • 気化式不足分を蒸気加湿で安定加湿
  • わずかなエネルギーで適切な湿度コントロール
2. ハイブリッド加湿
気化式を優先し、不足分のみ蒸気を使用するハイブリッド加湿。エネルギーを抑えながら適切に湿度コントロールを行なうことができる加湿方式です。
  • 送風温度と送水温度の切替
3. 中温熱媒・大温度差設計
低負荷時は中温冷水10℃、吹出し温度16℃で運転。ピーク時には冷水を7℃へ切替、吹出し温度13℃で送風します。水温度差は10Kを確保する様に制御。負荷に対応する切替で無理や無駄のない省エネが可能となりました。
  • 無駄のないコントロール
4. システムメリット
標準搭載の省エネ制御盤は、負荷状態を監視しながら様々な自動省エネ運転を行ないます。BACnetを通じて熱源送水温度をコントロールし、BEMS構築をアシストします。

型番別詳細  ※画像をクリックで詳細が開きます

  • 風量:1200~1,800㎥/h

    天埋形 外気処理用 SPC2-OA

  • 風量:1200~1,800㎥/h

    天埋形 外還気混合用 SPC2-MA

  • 風量:1,480~7,680㎥/h

    積層形 外気処理用 SPV2-OAE/OAW

  • 風量:2,220~8,450㎥/h

    積層形 外還気混合用 SPV2-MAE/MAW

  • 風量:4,000~30,000㎥/h

    立形 外気処理用 DEC2-OAE/OAW

  • 風量:4,000~30,000㎥/h

    立形 外還気混合用 DEC2-MAE/MAW

関連製品カタログのご紹介