教育研修制度

教育研修体系

入社後、下記の体系にて、教育及び研修を実施しています。

新入社員研修

「新入社員研修」では、安全衛生の基本教育、空調の技術研修を座学にて行います。又、社会人としての心構えやマナーについての社外研修に派遣しています。上記研修終了後、「技術開発」、「機械設計」、「営業」の全部門の新入社員が、製作所において「ものづくり」を経験する事により、自社製品に対する「思い」を育み、「ものづくり」のDNAを継承していきます。

OJT

配属後は、各部門毎にOJT担当者を選任し、業務を通じOJTを行ないます。適性を考慮しながら、ジョブローテーションや、各部門間での人材交流を図っています。

社外研修( セミナー )

最新の技術情報の習得、社外情報の収集の為、適宜社外研修(セミナー)に派遣しています。社外研修に参加する事により、知識習得だけではなく社内とは異なる価値観に触れ、それまでになかった発想や刺激、コミュニケーションスキルの向上を目的としています。

資格認定制度

業務上必要となる各種資格を定め、資格取得後、会社が認定した社員には、「資格手当」を支給しています。社員が切磋琢磨し、自己啓発に励む風土の熟成を図っています。

幹部研修

管理職登用後も定期的に研修を行い、経営課題を現場レベルで実践していくためのリーダーの育成に注力しています。年度方針、中長期 の成長戦略及び最新の空調技術を共有し、研修で得た情報を各部門メンバーに浸透させる事により、全社一体となった会社成長の原動力を生み出しています。