NEWS

ニュース

けいはんなRCでの研究論文が国際科学ジャーナルに掲載されました

けいはんなRC事業における、同志社大学/国立研究開発法人情報通信研究機構/木村工機株式会社による共同研究が、このたび国際科学ジャーナル PLOS ONE(米国Public Library of Science出版社)に掲載されました。

 

弊社では「オフィスにおける知的生産性向上、病院・介護現場でのストレス緩和などをもたらす知的環境デザイン」をテーマに、2016年より「けいはんなリサーチコンプレックス」に参画し、研究に取り組んでまいりました。

 

この研究では、”Hue Heat効果”として知られる、照明の色などの環境が体感温度に影響を与えるという仮説を、けいはんなにあるMC-Labを使って心理物理学的な側面から実験し検証しました。

 

HUE-HEAT空調・照明連動制御の実証研究成果が国際科学誌“PLOS ONE”に掲載


弊社webサイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。
閉じる