NEWS

ニュース

HUEーHEAT効果による「照明・空調連動制御」への取り組み

■2016年9月末より3年半の間、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)リサーチコンプレックス(以下RC)事業『「超快適」スマート社会の創出』の一環として、けいはんな学研都市MCラボにて行われていた《空調温度と照明色温度のシナジー効果を最大限に発揮させた空調・照明連動制御》の実証実験が完了し、その成果が、2020年8月、当社も連名で著名な国際科学誌“PLOS ONE”に採録されました。

 

■室温と照明の色との相互作用は「HUE-HEAT効果」として多くの研究成果がありますが、「快適性と省エネ性を両立させた空調・照明連動制御」の事業化は例を見ません。そこで、空調の重要なファクターである「室内温度と相対湿度」の制御のみならず、「照明の色温度」を連動させることで、オフィスの執務者に心理的影響を与え、「照明と空調のシナジー効果」で省エネと人の快適性を両立させる新たな「空調・照明連動制御」方法を確立しました。

 

■実は50年前の1972年、米国Human Factors誌でベネット、レイ両教授より「What’s so hot about Red?」が発表され、「HUE-HEAT効果」なるものが着目されました。これは色合い(Hue)が温冷感(Heat)に影響を与えるという理論なのですが、実際に暖かいオレンジ色から涼しいホワイト色の部屋に移すと、人は冷涼感を感じ、逆では温暖感を感じます。今回その研究成果をもとに、大手照明メーカーの色温度可変照明器具と空調メーカーの空調機と連動させる「HUE-HEATコントローラ」が開発されました。大規模ビルはBACnetに準拠したアズビル株式会社の中央監視システムで対応可能とし、BACnetがない中小ビルには株式会社コンテックで「HUE-HEATコントローラ」を製作し、販売は福西電機株式会社がおこないます。なお、当社「東京ショールーム」にデモ機を展示しています。

 

■HHコントローラ システム

本システムでは、スマートフォンからの涼暖感操作を受けたHHコントローラが、照明の色温度(オレンジ系3000K、ホワイト系5000K)と空調機の設定温度(室内目標温度)を自動制御することで、人の涼暖感を持続させながら空調エネルギーの低減を図ります。

 

・HHコントローラ(Contec社製)に接続する場合

リモコンで設定された室内設定温度を基準にHHコントローラからの室内温度変化要求(0.5℃毎)を受けて室温制御をおこない、HHコントローラとはMODBUS通信でダイレクトに接続できます。

 

<対応空調機>

■高性能ファンコイルユニット(冷温水式 端末分散空調システム)

天埋ターミナル形 TMH-α2/3型

製品案内

■高性能エアハン「エア・コンビ」(冷温水式 調温調湿空調システム2)

天埋ワンスパン形 SHR-A/B型

製品案内

 

■冷温水式高性能エアハン

製品案内

 

■空冷直膨式高性能エアハン

製品案内

 

東京ショールームでデモ機をご覧いただけます。

■お問合せ窓口:木村工機株式会社 東京営業本部 担当:鈴木

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル7階 050-3784-2633


弊社webサイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。
閉じる