冷温水式
調温調湿空調システム(1)

「 エア・コンビ空調機」床置形を軸とする空調システム

MENU

 クールビズにおける冷房室温28℃は、温度のみに対応した空調方式の場合、除湿が不十分となり蒸し暑さを感じることもあります。また、暖房期に湿度が不足すると、乾燥によるのどや目の渇きの他、インフルエンザウィルスの感染予防上望ましくないとされ、適切な湿度調整が求められます。
 そのため近年では、健康の保持や知的生産性・労働意欲の向上を目的とした快適な執務環境の整備が進められており、温度のみではなく“湿度”をコントロールする空調方式が注目されています。

 「調温調湿空調システム」は除湿・加湿機能を充実させた高性能エアハン「エア・コンビ」に省エネ制御と空気式放射空調を組み合わせ、従来の課題を解決した快適なクールビズ・ウォームビズ空調を実現しています。

用途
FEATURES

特長

除湿・加湿・ゆらぎ放射でつくる「超快適空間」

「調温調湿空調システム」は、外気導入における安定的な除湿・加湿機能を特長とする潜顕分離空調システムです。
システムの軸となる高性能エアハン「エア・コンビ床置形」は、外気(潜熱)と還気(顕熱)を機内で分離処理し、混合吹出することで室内温湿度を自在にコントロールします。
外気側第1コイルと還気側第2コイルを内蔵し、気化式加湿器連装やハイブリッド加湿などの調温調湿技術を一体化して、快適なクールビズ空調を自動運転します。
また、熱源エリアは外気温湿度による送水温度可変やポンプの水速調整をおこなうことで制御性を高め、省エネを図ります(空冷HPチラーの場合)。
さらに、吹出し口に「環境エアビーム」を接続することで吹出し口や窓ガラスの結露を防ぎながら、気流を感じない快適空間を実現します。

  • エア・コンビ床置形 コンパクトCN型

    気化式加湿器の連装

  • エア・コンビ床置形 水平PH型

    気化式加湿器の連装またはハイブリッド加湿

  • エア・コンビ床置形 積層PV型

    気化式加湿器の連装またはハイブリッド加湿

システムの軸となる「エア・コンビ床置形」

システムの軸となる「エア・コンビ床置形」は、外気用、還気用の2つのコイルを搭載し、潜顕分離、調温調湿を一体形2管式で構築する高性能エアハンです。

温度と湿度を任意に設定でき、「調温」と「調湿」をそれぞれ最適化します。

  • 2コイル搭載一体形

    外気(潜熱)と還気(顕熱)をそれぞれ専用のコイルで処理し、機内で混合してから吹出す一体形モデルです。 外気側第1コイルは導入外気を13℃まで過冷却除湿する能力を持ち、充分な除湿が可能です。還気側第2コイルは室内還気を16℃程度に冷却し、低負荷時には運転を停止します。 混合吹き出しは除湿に伴う過冷却空気の再熱効果があります。

  • 2管接続構造

    機外配管を2管式とすることで空調機周りの配管工事の簡略化を図ります。 また、外気用コイル・還気用コイルを直列で連続通水し、大温度差運転をおこないます。

  • 自動制御を一体化

    空調自動制御盤を搭載し、負荷に応じて温度、湿度、通水量などの自動調整をします。 各種インターフェースやBACnetに対応する拡張性を備えており、専用リモコンで省エネ運転設定、CO2制御、温湿度設定などがエアコン感覚でおこなえます。

充実した加湿ラインナップでRH40%~50%を確保

気化式加湿器の連装またはハイブリッド加湿で「DB22℃:RH50%」「DB24℃:RH48%」の省エネ空調に対応します。

気化式加湿器は中間期や冬期の外気冷房時、室内還気熱を利用した気化熱冷却・加湿効果で省エネを図ります。また、ハイブリッド加湿は冬期の外気冷房加湿による2管式冷暖フリー運転や、中間期の蒸気加湿暖房が可能で省エネにつながります。

  • 気化式加湿器

    気化式加湿器をツイン設置。通常運転で使用する外気側をメイン加湿器とし、送風運転や外気冷房時には還気側第2加湿器(還気熱22℃前後)で安定的に加湿量を確保します。

  • ハイブリッド加湿

    気化式加湿器と蒸気加湿器を併用し、少ないエネルギーで安定した加湿ができます。蒸気加湿器は気化式加湿器の不足分のみを補い、中間期には加湿暖房運転を可能とします。

  • 衛生的湿度環境

    人が健康で快適に生活するためには有害な微生物を増大させないことが需要で、最適な湿度はRH40~60%と言われています。また、窓際や吹出口の結露はカビやダニを増殖させ、臭気やアレルギー疾患の原因ともなるため、しっかり管理することが必要です。

  • インフルエンザウィルスの生存率

    湿度が低いとインフルエンザウィルスの生存率を高め、人の気道粘膜の防除機能が弱まり、感染率が高くなります。温度22℃では湿度をRH50%に保つことで6時間後の生存率は3~5%程度に低下しています。

  • 窓面の結露防止効果

    吹出し口にはエアビームを接続し放射空調をおこないます。放射熱は温度の高い方から低い方へ移動し、窓ガラス内面の熱伝達率を抑制します。(※)結露防止性能を保証するものではありません。十分な対策として複層ガラス等のご使用を推奨します。

13℃過冷却による除湿効果

13℃過冷却により十分に除湿し「DB28℃:RH42%」「DB26℃:RH50%」のクールビズ空調に対応します。室温28℃の場合湿度が高いと暑いと感じることがあり、湿度を抑えることが快適なクールビズにつながります。また、低温送風は風量を30%削減することができ、送風動力を40~50%抑えます。ダクトやダンパー類も細径化されるため、コスト的なメリットも十分に得られます。

  • 吹出し口の結露防止

    13℃低温送風は省エネ効果が高く十分な除湿が可能ですが、吹出し口の結露対策が必要となります。エアビームは給気圧で室内空気を誘引するため再熱効果が得られ、再熱器を用いず結露を回避することができます。

  • 楕円管熱交換器

    コイルは楕円形状により従来の丸菅に対して空気抵抗を約23%削減し、多列数化が可能です。エア・コンビ空調機は外気側に8列コイル、還気側に6列コイルを搭載し、低温送風による除湿と同時に省風量、大温度差、少水量で省エネ効果を高めます。

  • 体感温度の比較

    同じ温度でも湿度により体感温度は異なり、PMVや不快指数が示すように熱的快適感も変化します。

  • PMVおよびPPD

    PMVとは温度、湿度、放射温度、気流、人の活動量、着衣量からなる温熱環境評価指数で、PPDとはその温熱環境に不満足・不快さを感じる人の割合を示すのに用いられます。ISOの標準では、PMVが±0.5以内、不快者率10%以下となるような温熱環境を推奨しています。

  • 不快指数

    不快指数とは気温・湿度から計算する蒸し暑さを示す指数で、不快感の程度の目安となります。体感温度は気温と湿度だけではなく気流等の条件によっても異なるため必ずしも数値と一致するわけではありませんが、70以上では一部の人が、75以上では半数以上が、80以上では全員が不快を感じるとされています。

空調と熱源のシステム制御

空調エリアと熱源エリアのシステム制御を連携させて省エネを図ります。
外気温湿度または室内負荷により送水温度を自動制御し、比例式ポンプで水速を調整しながら往還温度差を最適化します。

  • 連続通水

    2管式で2つのコイルに連続通水。室内負荷に応じた大温度差運転をおこないます。

  • 冷却能力

    外気側第1コイルは13℃過冷却、還気側第2コイルは16℃冷却から室内還気混合まで対応します。

  • バイパス回路

    低負荷時には第2コイルを運転停止し、バイパス回路で第1コイルのみに通水します。

熱源エリアの最適自動制御

空調エリアと熱源エリアのシステム制御を連携させて省エネを図ります。空冷チラー方式は外気温湿度により送水温度を自動可変し、蓄熱槽方式は室内負荷により送水温度を調整します。また、比例式ポンプで水速を調整し往還温度差の最適化を図ります。

  • 空冷HP式モジュールチラー

    外気条件により送水温度を自動可変

  • 蓄熱槽方式

    室内負荷により送水温度を調整

  • 水速調整

    比例式ポンプで水速を調整し水温度差を確保

システム制御例

水温の最適化

空調機エリアと熱源エリアに制御を搭載し、水温の最適化と湿度コントロールで快適な省エネを図ります。

①2コイル一体形
②2管接続構造
③自動制御を一体化
④加湿ラインナップ

システムでの省エネ

  • システム別一次エネルギー消費量比較

    調温調湿空調システムは、空調エリアと熱源エリアに制御を標準搭載し、システムを最適化しながら省エネ運転をおこないます。ハイブリッド加湿は加湿のみのエネルギー消費量は気化式加湿器よりも高くなりますが、加湿暖房等の省エネ運転を可能にし、システムでのエネルギー消費量は変わりません。

  • BACnet接続

    BACnetゲートウェイ1台で最大100台の空調機を接続できます。自由度の高いビルシステムの構築を可能にします。

放射整流空調

人にもモノにも優しい「エアビーム」

凛とした清涼感、包まれるような暖かさ。風を感じない空調はオフィス・病院・学校・ホテルなど人へのやさしさが求められる環境に最適です。
また薬品、製菓、金箔など、気流の影響に配慮が必要な現場にも多数採用されています。

エアビーム 大学
エアビーム ホテル
エアビーム 図書館
エアビーム 実験室

  • 01
    除湿時の結露対策

    13℃低温送風は省エネ効果が高く十分な除湿が可能ですが、結露対策が必要となります。エアビームは給気圧で室内空気を誘引するため再熱効果が得られ、再熱器を用いず結露を回避することができます。

  • 02
    加湿時の結露対策

    冬期のウィルス感染予防には加湿が効果的ですが、窓ガラスの結露につながることがあります。放射熱は温度の高い方から低い方へ移動し、窓ガラス内面の熱伝達率を抑制します。(※)十分な結露防止性能を保証するものではありませんので複層ガラス等のご使用を推奨します。

  • 03
    「ゆらぎ放射」による快適感

    放射空調は対流空調で問題となりやすい不快な気流を解消し、室内の水平および垂直方向の温度差を緩和します。 エアビームは熱放射と微少気流を併用する新方式で、放射空調の快適感と外調機や空調機がもつ換気機能や調湿機能を両立することができます。

  • 04
    高い汎用性

    特別な専用設備を必要とせず、一般に普及している対流空調システムの「吹き出し口」として接続するだけで放射空調を確立します。

  • 05
    異分野と一体化

    照明、音響スピーカー、イオン・オゾン発生器の組込が可能

  • 06
    モノへのやさしさ

    精密測定機器への気流対策、食品の乾燥対策など、ものづくりの現場でも品質向上に貢献しています。

MODEL NUMBER

型番別詳細

エア・コンビ形 コンパクトCN型

2,400~10,000m3/h

特長
1 2管式、2つのコイルで調温・調湿
2 気化式加湿器2連装で加湿
3 設置面積が少ないコンパクト形

エア・コンビ形 水平PH型

4,800~30,000m3/h

特長
1 2管式、2つのコイルで調温調湿
2 電極式蒸気加湿器/気化式加湿器2連装/ハイブリッド加湿を選択
3 保守性に優れた水平形

エア・コンビ形 積層PV型

特長
1 2管式、2つのコイルで調温・調湿
2 電極式蒸気加湿器/ハイブリッド加湿を選択
3 設置面積が少ない積層形
最初に戻る

木村工機株式会社ウェブサイト(https://www.kimukoh.co.jp/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる