CASE STUDY / 8

三井アウトレットパーク北陸小矢部 様

寒冷地での空冷ヒートポンプ式外気処理
デフロストの回避が課題

北陸屈指の店舗数
地域連携と地産地消を意識した時間消費型施設

「三井アウトレットパーク北陸小矢部」(三井不動産株式会社様)は、富山と金沢のほぼ中間地点に位置する北陸エリア初の本格的アウトレットモールです。店舗はオールターゲットのフルラインナップで北陸屈指の出店数を誇り、北陸の気候を考慮したエンクローズド(屋内型)モールとなっています。明るいフードコートには富山・石川両県を代表する飲食店と全国の人気店が並び、小矢部で林業に携わる田中利行氏の木工家具が温かみを演出します。地産地消の物産店、北陸エリア観光地との連携や情報提供など、地元の自然と伝統を意識した空間づくりがされています。また、アジアを中心とするインバウンド観光客へのこまやかな対応や、お子様連れにも嬉しい遊具、冷暖房完備の50m観覧車など、誰もが安心して楽しめる工夫がされており、地域のランドマークとして地元の方にも親しまれています。

外気処理は不可欠
デフロストを減らしたい

空調設備に関しては「できるだけシンプルに」というご要望でした。熱源や外調機に関しては「インフラの制約もあり空冷ヒートポンプ式を採用したい」「外気処理(外調機)は必須。寒冷地での安定的な運転を重視」「何としてもデフロストを避けたい」という条件でした。ご提案させて頂いたのは空冷HP式熱回収外調機(BSD型)。室内排気を熱回収するためCOPが大幅に向上し、デフロストがありません。寒冷地での安定した制御にも実績があり、建物の外部の熱的影響を受けやすい外周部(ペリメータゾーン)を中心にご採用頂きました。また建物の内部(インテリアゾーン)や厨房には空冷HP式ルーフトップ空調機で対応。寒冷地での制御性、湿度管理、CO2制御、着霜抑制板によるデフロストの抑制や防雪フードによる耐久性などを評価頂き採用が決定しました。

用途に応じて必要な外調機を設置 寒冷地での安定した制御を評価

ペリメータゾーンには熱回収外調機BSD型

室内排気の熱回収でデフロストがなく、寒冷地にも多くの実績を誇る空冷HP式の本格外調機です。外気を冷却、加熱、再熱、加湿、清浄など適切に処理をして室内に供給します。室内循環用空調機と併用しますが、中間期には外気冷房運転も可能で、省エネ性を高めます。

インテリアゾーン、厨房には立形ルーフトップ外調機

屋外立形構造で設置面積が少ない一体形です。大型店舗の厨房系統など大量の換気が必要な用途においてもメンテナンススペースを充分確保しながら設置出来ます。ルーフトップ空調機の特長である耐天候パネルは、霧雨風雪などによる着霜量を抑制してデフロストを緩和し、日射による影響を防ぎます。またコイル表面を保護し、強風や飛来物などを防止します。年間冷房が必要なインテリアゾーンや厨房の陽圧化などに採用されています。


弊社webサイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。
閉じる