CASE STUDY / 1

愛知学院大学名城公園キャンパス 様

140余年の歴史を持つ伝統校が挑む
良質な学修環境の確保と省CO2の両立

目指したのは、サスティナブル・スマート
環境性能が持続するエコキャンパス

愛知学院大学様は1876年(明治9年)創設、140余年の歴史を有し、中部圏でもっとも伝統ある大学のひとつとして知られています。「行学一体・報恩感謝」を建学の精神とし、9学部16学科(文・心身科学・商・経営・経済・法・ 総合政策・薬・歯)と短期大学部1学科、大学院9研究科に1万2千名の学生が学んでいます。平成26年4月に誕生した名城公園キャンパスには商学部、経営学部、経済学部のビジネス系学部生が在籍しており、名古屋城の東側に隣接する緑豊かな環境にありながら、名古屋市中心部からアクセスの良さを誇ります。この立地を活かして市民講座や各種セミナーなど、様々な年代の「学びの場」としても注目されています。

数々の賞を受賞する省エネモデル
学内外へ広がる協力と連携の輪

国土交通省「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択された名城公園キャンパスは、名城公園の冷涼な外気を活かした外気冷房や、室内CO2濃度制御、調光等のシステム制御によって、快適環境と省CO2の両立を実現しています。風を感じない「放射整流空調」は大教室にも十分な効果を発揮しており、省エネのみならず室内の快適性も含めて総合的に評価される「CASBEE(キャスビー)名古屋」で最高等級Sランクを取得されています。また、照明学会「照明普及賞」、ニューオフィス推進協会「日経ニューオフィス賞」、環境省「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」など数々の賞を受賞されています。名城公園キャンパスでの導入技術やチューニング手法は同学他キャンパスにも展開され、広がりをみせています。また、近隣住民や官公庁への「省CO2」「防災」に係る講演や、一般企業や他大学からの視察対応など、外部への積極的な情報発信もされています。

冷温水式個別分散空調システム
「みずエクセル」

平成25年度省エネ大賞受賞システムで愛知学院大学様のよりよい学修環境づくりに貢献します。


木村工機株式会社ウェブサイト(https://www.kimukoh.co.jp/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる