CASE STUDY / 13

みよし市図書館学習交流プラザ「サンライブ」 様

市民が集う文化の拠点
快適が持続する“居心地の良い空調”

図書館を中心とした学習交流プラザが開館
みよし市民の学習、集い、憩いの場へ

愛知県みよし市は名古屋市と豊田市の中間に位置する人口約6万人の緑豊かな街です。平成28年7月、中央図書館、学習交流センター、ふれあい交流館の機能を併せ持ったみよし市図書館学習交流プラザ「サンライブ」が誕生しました。1、2階にある図書館には、文学書、専門書、児童書、郷土資料、新聞、雑誌、点字本などが並び、PCブース、個室やグループ室、ソファ席や読書テラスなど、くつろいで本が読める環境が整っています。中央にある階段は広く開放的で、ふたつのフロアをつなぐような一体感を演出しています。サンライブは旧図書館に比べてアクセスもよく、「建物が新しくてきれい」「涼しくて快適」と評判も上々です。初めての夏休みには1階の閲覧室が自習室として開放され、朝から小中学生で満席になりました。3倍を見込んでいた年間入場者数は、このまま推移すれば4~5倍に達する勢いで、市民の新しい集いの場となっています。

未来ある子ども達が安心快適に過ごせる場所
利用者が必要とする情報を提供できる図書館に

1階の児童書コーナーはとても充実しています。幼児向けに装飾された「おはなしの部屋」を併設しており、ボランティアによる読み聞かせが定期的に開催されています。傍には授乳室や親子トイレがあり、エントランスホールにもプレイルームが設置されるなど、子育て世代には嬉しい気配りが見られます。読書ノートやレシートシールは子ども達の継続的な図書館利用を促進し、自動貸出機や検索システムはどの世代にとっても気軽に本を借りられる便利な機能です。「読み聞かせボランティアは今後もっと増やしたいと思っています。料理、旅行など実用書の充実や、新聞、辞書、農業関連等データベースへのアクセスなど、利用者のライフスタイルに対応していきたい。」深谷館長がお話しくださいました。

湿度をコントロールする外調機と
長時間の滞在に最適な放射整流空調

冷温水式大温度差外調機

人が集まる場所では外気の室内導入が不可欠ですが、夏の高温多湿、冬の低温低湿な空気をそのまま取り込むのは非効率です。そのため外調機で温度・湿度を調整し、エネルギーロスを抑えながら新鮮な空気を室内に供給します。外調機の湿度コントロールは中間期にも非常に有効で、冷却除湿、加湿暖房を可能にし、室温調整用FCUの稼働を最小限に抑えます。短いピーク期ではなく一年のほとんどを占める低負荷時に上手にエネルギーを抑えることは、大きな省エネにつながります。

全空気式放射整流ユニット「環境エアビーム」

吹出口には放射整流ユニット「エアビーム」が接続されています。エアビームは誘引による温度緩和と包み込むように優しい熱放射、体に感じない程度の整流吹出しが特長で、空調による不快感が極めて少なく、滞在時間が長くなるほど効果的であることが大学の研究でも実証されています。 長時間の読書や学習には最適で、オフィス、学校、病院、ホテル、住宅などでも高い評価を得ています。外調機とファンコイルユニットによる温湿度コントロールと、エアビームによる放射整流吹き出しで、省エネ性と快適性の両立を図っています。また、館内の天井は本棚の配列に合わせて直線を活かしたデザインになっており、エアビームもスリム型が数多く採用され、統一感を演出しています。

オープンスペースにも有効性を発揮

1階入り口近くの開放的な市民ギャラリーにもスリム型をご採用頂きました。エアビームは空調機からの給気圧力を利用して室内空気をユニット内へ誘引し、再熱してから整流吹出しするため、結露を心配せずご使用頂けます。「ギャラリーではいろいろな催しをしています。文化協会とのタイアップ事業など、今後もみよし市の文化を広く発信する基地として貢献していきたいと考えています。」「以前(旧図書館)は少し蒸し暑く、湿度を取りたいと感じていました。今はスタッフ共々とても快適に過ごせています。」とのお話しでした。


弊社webサイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。
閉じる